【超有望通貨】コインチェック事件で注目を集めたNEM(ネム)とは

nem-eyecatch

sponsored link



2018年年初に起きたコインチェック事件、その事件で一挙注目を浴びたネムコイン(NEM)について解説します。

ネム(NEM)とは

ネムコインはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)と呼ばれる仮想通貨の1つです。

ネム(NEM)公式HP

コイン名の由来はNew Economy Movement (新しい経済の動き)の頭文字から来ており、金銭的な自由、分散化、平等などを理念に掲げ、新しい経済圏の創出を目標としてスタートした仮想通貨です。

 

ネムコイン(NEM)の単位は「XEM」と表示され、取引所ではこの単位が用いられます。総発行枚数は総計8,999,999,999XEMで、すでに1600人の投資家に均等に分けられています。

そのためネムコイン(NEM)にはビットコインのようにマイニング(採掘)とは呼ばず、ハーベスト(収穫)という概念が存在します。

ネムコイン(NEM)の特徴

ネムコイン(NEM)の特徴についてご紹介します。

Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)

ネムコイン(NEM)にはプルーフオブインポータンスというコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

これは「重要性、貢献性の証明」すなわち、ネムコイン(NEM)の経済圏においてどれだけ貢献できたかが重要視されるアルゴリズムです。

もう少し噛み砕いて説明すると、ネムコインをどれだけ保有しているか、どれだけ取引量が多いか、信用度があるかなどを総合的に算出しコンセンサス(承認)を下すという仕組みを採用しています。

一方のビットコインではProof of Workプルーフ・オブ・ワーク(仕事の証明、仕事量の証明)という仕組みを採用しており、ビットコインをマイニング(採掘)した人に報酬が入るという仕組みを採用しています。

そのため、スーパーコンピュータなどを保有するような資産や富を持った人間にコインが集まりやすい性質を持っていました。

※富があれば採掘効率が上がる、すなわち仕事量が必然的に増えるためコンセンサス(承認)が降りる確率が高くなる。

プルーフオブインポータンスという仕組みを採用したネムは平等を重んじる性質を持っており、ネムに貢献する人間であれば富の過多に関わらず採掘に関われるというのが大きなポイントです。

より詳しくNEM(ネムコイン)について知りたい方はネム(NEM)公式HPをご覧になると良いでしょう。全て英語なので、読解が少し大変ですが、非常に理解できます。

nem homepage top

 

日本人に人気の通貨

当初ネムの開発には日本人技術者が参加しているという噂が流れたこともあり、かなり日本人にとって親しみやすい通貨となったことから、日本人にとって人気の通貨となっています。

※実際にはその日本人技術者は参画していなかったと公表されました。

ハッキング事件について

約580億円ものネムがハッキングされたというニュースが世の中を駆け巡り、仮想通貨の価格を大きく下落させるなど仮想通貨界に大きな爪痕を残したコインチェック騒動。

コインチェック事件について詳しく知りたい方はCoinCheck(コインチェック)が580億円分のNEMコインを盗まれユーザー大混乱をご参照ください。

その騒動を受け、ネムコインのセキュリティがとやかく言われていますが、実はネムコイン自体にセキュリティの問題は全くありません。それどころか非常に手厚いセキュリティの高さ、サポートの厚さを世間に示しました。

ネムの簡単な対応をまとめると、コインチェックからネムが流出した直後に声明を発表し、盗まれたコインの流れを明らかにするためにコインにタグをつけ、その流れを追尾すると発表しました。

迅速な対応力と、それを実行する人材の優秀さをネム財団は見せつけました。結局犯人特定には至らなかったものの、迅速な対応と手厚いサポート力はネムの人気をさらに引き上げる一因となりました。

ネムコインの今後や将来性

ネムコインは2017年1月時点では「0.2円」ほどの価値しかありませんでした。

しかし、2018年5月時点では約34円となっており、実に170倍もの価値の高騰を見せています。

ネムコインの今後についてですが、直近の話でいけば2018年12月時点ではNEMは50円を超えて、値段が高騰していましたが先のコインチェック事件もあり、今は値段が落ち着いているので狙いどきかもしれません。

というのも、富を一極集中させず分散するという極めて平等な思想をベースにしているため熱狂的なファン(平等主義者など)が今後も増えていくと予想され、加えて非常に優秀な財団がバックについており社会的に有意義な仮想通貨として機能するであろうことは容易に想像がつくからです。

短期的に利益を狙うための通貨ではないですが、確実に長期的リターンを見込みたい場合はこのNEMは非常にオススメの投資対象でしょう。

ネムコインの購入をお考えの方は、国内取引所の「Bitflyer」や「Zaif」がオススメです。大手取引所で金融庁のお墨付きの安心安全の取引所です。

2018年5月現在、NEM(ネムコイン)購入をお考えの場合Zaif(ザイフが一番手数料が安炒め、非常にオススメです!

その他取引所で分散してネムを持ちたいという場合は【国内取引所】仮想通貨(ビットコイン)やるならまずは絶対登録するべき取引所TOP5にて大手取引所「Bitflyer」をはじめとする各取引所の違いや特徴について解説しているので、ネムコインを購入の場合はご参考になさってくダサい。

sponsored link