【国内取引所】仮想通貨(ビットコイン)やるならまずは絶対登録するべき取引所TOP5

sponsored link



仮想通貨には取引所(交換所)と販売所2種類ある

まず仮想通貨の取引を始める前に、目にする機会が多い言葉「取引所(交換所)」と「販売所」の違いを押さえておく必要があります。

取引所(交換所)

取引所、交換所(英語表記ではExchange)とは仮想通貨を売りたい人と買いたい人が取引を行う場所のことです。

特定の誰かかから仮想通貨を購入する場所ではなく、不特定多数の顧客同士で「取引の価格」「取引するコインの数量」を決定し取引することができます。

基本的に販売所で仮想通貨を購入するよりも取引所で購入した方が割安なケースが多いメリットがありますが、顧客同士での取引なので購入できる数量が変動してしまい、場合によっては希望数量買えない点がデメリットです。(よほどの大金でなければ問題ないです。)

販売所

販売所(英語表記ではSales Office)とは販売所を運営している企業から仮想通貨を買ったり、売ったりできる場所のことです。

実際に店舗があるわけではなく、インターネット上で仮想通貨を売買できる場所が販売所です。取引所との大きな違いは不特定多数の誰かが取引の相手ではなく、取引相手が販売所の運営企業であると明確なことです。

仮想通貨を確実に売買できることがメリットですが、その分取引所よりも割高になってしまうのがデメリットです。

基本的には取引所を選べば問題なし

仮想通貨を購入する際に、販売所は取引所よりも割高です。

例えば、ビットコインを販売所で購入しようとすると取引所と価格が数万円違うこともありその時点で損をする可能性が高いので取引所での取引を推奨します。

取引所を選ぶ基準3つ

実際に取引所を選ぼう!と思っても国内だけでも15社以上あり、それを選べばいいかわからないことが多いです。

ですので、優良取引所を見分ける3つのポイントをご紹介します。

安全性の高さ

当然のことながら安全性の高さがまず第一です。いくら手数料が安かろうと、コインの種類が多かろうと安全性が低ければせっかくのお金が水の泡です。

コインチェックの件でも問題になりましたが、まずは運営体制が整い十分に社会的に認知されていて、かつセキュリティがしっかりしている取引所を選びましょう。安全性ならBitFlyer!

手数料の安さ

安全面が確認できれば、次は取引手数料の安さです。0%〜0.2%まで取引所によって大きく異なります。

取引をするたびに手数料がかかる場合もあるので、手数料はチェックしておかなければなりません。

たかが0.1%と思っても塵も積もれば山となります。取引のたびに100円かかるとすれば、100回取引すれば手数料だけで1万円にもなります。(高い!)利益がでなければ赤字を大きくさせてしまう恐れもあるので、きっちりチェックしたいところです。

取り扱うコインの種類の豊富さ

仮想通貨にはビットコインだけでなく、様々な種類の通貨があります。

イーサリアム、リップル、ネムetc…扱うコインが多ければ多いほど、色んな仮想通貨に投資することができます。扱っている仮想通貨の種類は多くて悪いことはないので、できる限り取り扱いの仮想通貨が多い取引所を選んでみましょう。

国内仮想通貨取引所TOP5

国内仮想通貨取引所をランキングでご紹介していきます。あくまで、当メディア独自の基準ですので取引の目的によって選ぶべき取引所は変化致します。

今回のランキングは数ある国内取引所の中から選りすぐってご紹介しているので、まずは登録だけでもオススメします。

No.1 BitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer_image

おすすめ国内仮想通貨取引所第1位はBitFlyer(ビットフライヤー)です。

BitFlyer(ビットフライヤー)はとにかく安心安全、簡単に取引したい方におすすめの取引所です。

BitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月に日本で初めて設立された取引所で、最も取引所としての歴史も長く現在国内取引高も1位と不動の地位を築き上げている取引所です。最近ではCMも開始し、ほぼ毎日CMを目にすることができます。

歴史があるだけに資金力もある取引所なので、CoinCheck(コインチェック)のように「補填できるかわからない」などという事態にもならない安全に取引できる点が魅力の取引所と言えます。

扱う仮想通貨の種類がやや少ないことが仮想通貨界隈ではネックになっていましたが、最近ではLISK(リスク)というオルトコインも上場を果たし取引可能になるなど、その種類もたくさん増えてきています。

仮想通貨するならまずは絶対に登録しておきたい取引所です。

※もちろん登録は無料です。

No.2 Zaif(ザイフ)

Zaif_image

Zaif(ザイフ)は2015年3月に開設された取引所で、なんとあのホリエモンさん監修の取引所です。

Zaif(ザイフ)はビットコインを主体に取引したい人におすすめの取引所です。

認知度はBitFlyer(ビットフライヤー)に及ばないものの、マイナス手数料を導入している非常に珍しい取引所です。

ビットコインの取引に限り取引手数料が-0.1%になるというシステムを導入しており、取引すればするほどビットコインがもらえるという仕組みになってます。なんと太っ腹!

その代わり、他のオルトコイン(ビットコイン以外のコイン)にはしっかりと手数料0.1%がかかるのでこちらで収益はあげていると予想されます。とは言え、オルトコイン取引の手数料もかなり安いのでこちらもぜひ開設しておきたい取引所です。

※もちろん登録は無料です。

No.3 DMM Bitcoin(ディーエムエム ビットコイン)

dmmbitcoin_logo

2018年初にDMMが開設した取引所、DMM Bitboin(ディーエムエム ビットコイン)です!

DMM Bitboin(ディーエムエム ビットコイン)は一攫千金を狙いたい人におすすめの取引所です。

当取引所はタレントのローラさんを起用しCMもガンガン打つなど、現在かなり勢いのある取引所です。

そんなDMMの魅力は何と言っても「仮想通貨のFX取引」ができるところです。もともとDMM自体がFXなどの金融サービスを展開しており、金融ノウハウに強い会社です。

そのためレバレッジ5倍固定で取引できるので、一攫千金が狙いやすい取引所と言えるでしょう。

FX取引に対応しているのはビットコイン、オルトコイン(イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュ)の7種類です。

※もちろん登録は無料です。

No.4 GMOコイン

gmocoin_logo

GMOコインは2017年5月に開設された取引所で、一攫千金を狙いたい人におすすめの取引所です。

インターネット業界ではその名を知らない人はいないほどの有名企業GMOインターネット株式会社の傘下の、GMOコイン株式会社が運営している取引所です。

取引手数料が無料というのが最大の嬉しいポイントですが、扱うコインの種類がやや少ないということがネックの取引所です。(今後拡大予定とのこと)

DMM Bitcoinと同様に仮想通貨でFX取引が可能で、なんとレバレッジ最大25倍という取引が可能です。文字通りハイリスクハイリターンが可能な取引所です。一攫千金を狙いたい人には確実におすすめの取引所です。

※もちろん登録は無料です。

顧客資産の保護体制のリリースが発表されています。コインチェック問題を受け、ユーザーの資産の保護強化のリリース内容となっておりより安全に取引が可能となったようです。

・GMOコインの顧客資産保護体制について
https://news.coin.z.com/2018/02/615/

・セキュリティ・顧客資産管理
https://coin.z.com/jp/corp/about/security/index.html

No.5 BitTrade(ビットトレード)

bittrade_logo

BitTrade(ビットトレード)は2016年に開設された 取引所です。仮想通貨交換業者にも登録されており、こちらも安全に取引したい方におすすめの取引所です。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、リップル、ライトコイン、モナーコイン等の6種類のコインを取り扱っていますが、BitTrade(ビットトレード)の強みはといっても日本で人気のコイン「リップル」「ライトコイン」の取引手数料が圧倒的に安いことです。

知名度はそれほどないですが、人気オルトコインの取引をするには最適の取引所と言えそうです。

※もちろん登録は無料です。

最後に

仮想通貨はとてつもない可能性を秘めた技術の結晶です。近い将来、これまでのお金のあり方を根本から覆してしまうことになるかもしれません。

現在は投機対象としての勝ちに注目が集まっていますが、今後は決済など生活のインフラとしての普及が予想されます。

スマートフォン然り、アプリサービス然り、便利な技術というものは当初市場の反発に遭いながらも、あっという間に世の中に普及します。仮想通貨もその例外ではないと思われます。

投機対象としてはリスクをはらみますが素晴らしい技術に対しての投資だと考えれば、保有しているだけでも将来的に価値が上がる可能性が非常に高いので、是非この機会に仮想通貨を持たれてみてはいかがでしょうか?

sponsored link