仮想通貨取引には絶対オススメ!住信SBIネット銀行口座

sbi net bank eyecatch

sponsored link



仮想通貨の取引には欠かせない、今後おつきあいをしていく銀行選びも大切ですね。

仮想通貨の取引にかかる見落としがちな手数料についても、しっかりと把握しておくと良いでしょう。

投資のスタイルによっては、たった数百円の手数料でも年間にかかるトータルの金額だけで負担になってしまうことがあります。

主に取引にかかる手数料について目立った情報が多いですが、取引所と銀行間の送金についても着目してみましょう。

1回の取引ごとに出金することは稀だと思いますが、取引所へ銀行から資金を移動させる際の振込手数料が必要になる方が多いことが予想されまね。

そこで手数料に開きがでるのが、「自行宛て」か「他行宛て」です。

自分の所有する銀行口座と取引所の指定口座が同じであれば「自行宛て」になり、指定口座ではない場合は「他行宛て」になります。

一般的に「自行宛て」の方が振込手数料が安い、もしくは無料の銀行があります。

いくつかの取引所の口座を持つユーザー達の間で、利便性が高く手数料も抑えられるネット銀行が非常に人気があります。

ネット銀行の中でも多くの取引所と提携していて、規模の大きさからも信頼を得ている「住信SBIネット銀行」について紹介していきます。

仮想通貨トレーダーに欠かせない住信SBIネット銀行とは?

各取引所で提携をしている銀行は数多くありますが、どうして住信SBIネット銀行をトレーダー達は利用しているのでしょうか?

その理由の一つに、住信ネット銀行は入金の反映が早いという定評があります。

仮想通貨の取引においてスピード感が必要な時がしばしば見受けられます。

仮想通貨は他の投資商品に比べて、価格が激しく動くことが特徴です。

即時に次の行動に移らなくてはならない投資方法をとっている方は尚更でしょう。

初心者の方にとっても、入金が反映されることや24時間365日対応してくれるネット銀行のメリットを受けることができます。

極端に言ってしまえば、実店舗の銀行で受付カードをもらって順番待ちしている間も通貨の価値は変動しています。

やっと入金の手続きが終わった頃には、自分の買いたいと思った金額とかけ離れた方向に向かっていることもあり得るということです。

住信SBI銀行は仮想通貨の取引所への入金がスムーズに行えるため、仮想通貨トレーダーにとって欠かせないパートナーになっています。

では住信SBIネット銀行はリアルタイム入金だけを特徴に持つ銀行なのでしょうか?

その他にも支持される理由がいくつありますので、詳しくみていきましょう。

デメリットが見つからない住信SBIネット銀行の特徴

土日祝日も関係なく対応してくれるネット銀行ですが、気になるのは料金体制ですね。

いくら早く入金が反映されるからといっても、料金設定が高くては意味がありません。

住信SBIネット銀行では、国内の主要とする仮想通貨取引所の振込手数料は無料です。

その他にも魅力的なサービスの提供があります。

・コンビニ引き出し手数料が無料(月2回)

・他行宛て振込手数料も無料(月1回)

・対応スマホアプリで簡単操作

住信SBIネット銀行では手数料の回数制限はスマートプログラム制度を設けていて、ランクによって無料対応回数が異なります。

上記の条件はランク1の口座開設のみ完了の場合の回数制限です。

この他預金残高やVisaデビッド付きキャッシュカードの申し込みなどで、ランクアップしていきます。

仮想通貨取引だけの利用ではなく、暮らしに便利なサービスも提供しています。

新規口座開設者限定の優遇プログラム

住信SBIネット銀行の口座開設は簡単!

住信SBIネット銀行の口座開設方法はネットで印鑑不要で完了します。

開設から取引までの流れはWEBで仮申し込みをして、本人限定受取郵送によるカードが届いたら本登録が完了します。

免許証などは顔写真付きの身分証明書をお持ちの方は、郵送によるカードを受け取りの時に提示します。

それ以外の身分証明書での申し込みは、必要事項をWEBにて入力後に後日届く本人確認書類を郵送するという流れになります。

カードが届いたらサイトにログインをして、「カード受取り確認」の設定を終えれば取引を始めることができます。

最短で申し込みから約1週間ほどで手続きが完了します。

転送設定や不在の期間が長引くと登録からやり直しになりますのでご注意ください。

SBIグループが展開する仮想通貨取引のための必須アプリ3選

住信SBIネット銀行は住友信託銀行とSBIグループによるインターネット銀行の共同設立よって業務を拡大しています。

住信SBIネット銀行を筆頭にSBIホールディングスは、国内外問わず幅広い事業の展開の一つとして仮想通貨事業にも力を入れています。

今後も仮想通貨の投資を行うトレーダーに向けて、新たなサービスが提供されていくでしょう。

すでに提供されているアプリで顧客目線に沿った使いやすいものがありますので、そちらも紹介していきます。

最後に決済の手段として実用化したアプリも、一足早くお知らせします。

起動するだけでサクサク取引アプリ・「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット銀行のスマホサイトを便利に利用出来るアプリです。

直近の振込履歴から振込ができる「最近の振込先」機能があるので、外出先でもスピーディーに済ませることができます。

お持ちの機種にもよりますがFace ID認証や指紋認証などでクイックログインが可能で、最新のセキュリティにも対応しています。

振込手続きが実行されるとプッシュ通知でお知らせがあるので、時間のロスがなくトレードを始められますね。

アプリ・住信SBIネット銀行

仮想通貨情報を集めるための必須アプリ・「My仮想通貨」

「My仮想通貨」はSBIグループのモーニングスター株式会社が4月にリリースしたアプリです。

仮想通貨ランキングで取引所ごとの価格や手数料情報も確認することができます。

国内外のICO予定表やSBIによるICOの格付け情報に加えて、仮想通貨に関する最新のニュースも把握できる革新的なアプリです。

アプリ内の「仮想通貨入門」で初心者の方でも、仮想通貨の基本情報や疑問に思うことがわかりやすく紹介されています。

活用できるアプリをひとつにまとめたい方にオススメのアプリです。

仮想通貨専用アプリ My仮想通貨による情報提供の開始について

今秋リリース予定!リップルを活用した即時送金アプリ・「マネータップ」

「マネータップ」は住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行の3行によるリップルを活用した個人間送金アプリです。

参加銀行間であれば、電話番号やQRコードを用いてローコストでの送金が可能になります。

スマホを数タップするだけで24時間365日、リアルタイムで送金ができるようになるようです。

現時点で提供されているサービスはアプリと自分の銀行口座を結びつける必要がありましたよね。

このアプリの提供によって銀行同士でのやりとりが可能になるということです。

このアプリでユーザーの要望に対応できるのか、まだ提供が始まっていないのでお伝えできませんが日本初の画期的な試みですね。

すでに試験運用は始まっていて、対応銀行の順次拡大を目指しています。

「Money Tap」提供によるお知らせ

sponsored link