仮想通貨のマスターノードとは?ただのPoSと何が違うの?

masternode-eyecatch

sponsored link



中央管理者がいなくてもP2P間で取引ができるようになったのは、ブロックチェーン技術に組み込まれたインセンティブ設計のおかげと言っても過言ではありません。

2者間での取引が成立するのは、ネットワーク内の第三者による承認作業が取引ごとに行われているからです。

取引に関わらない人が承認作業を行いインセンティブを受け取れる仕組みがあることで、ネットワーク全体が正しく機能していくということです。

誰でも参加できるはずの承認作業は、現在では大手マイニング企業が占有しています。

自律した分散ネットワークの根本にあったサトシ・ナカモトの思想とはかけ離れた状況になっていますね。

誰でも報酬を公平に貰えるようなインセンティブ設計を追求した結果、「マスターノード」という新しい仕組みが誕生しました。

「マスターノード」は取引の承認作業を手伝う役割があります。

ネットワークが正しく機能するために貢献し、その対価として報酬が貰えます。

仮想通貨市場の価格変動に左右される事なく、コインを増やしていける「マスターノード」について紹介しましょう。

仮想通貨のマスターノードとは?その仕組みを解説

従来のコンピューターシステムと分散システムの違いは高速ネットワークによって、多数の独立したコンピューターが接続されている点です。

仮想通貨のネットワークに接続するための端末がノードと呼ばれ、様々な種類(PCやモバイル)のノードによって形成されています。

様々なノードで取引の承認を行うため、中央管理者がいないネットワークではコンセンサスがいかに重要というのが理解できますね。

分散システムのノードはPCのスペックを問わないので、誰でも効率的に情報を共有することができます。

マイニング作業で取引の承認をするマイナーもひとつのノードと大まかに捉えることができます。

誰でも参加できるはずのマイニングが急速に人気をあげたビットコインによって変化していきました。

マイナーによる検証作業の報酬が高騰するに従って、PCのスペックも上がり誰でもマイニングできるという訳にはいかなくなりました。

そこでビットコインを代表するPoWからPoSへの移行が導入されるようになったのです。

PoW、PoSについての詳細はコンセンサスアルゴリズムとは?PoW、PoSって何?をご参照ください。

PoS は検証作業の消費電力を抑え、一旦はPoSより優れていると賞賛されましたが新しい問題に直面します。

たくさんコインを保有できる富裕層が有利であることが問題になりました。

最近では同じPoSアルゴリズムでも一回報酬を受け取ったら、次の承認の採掘難度をあげるなど公平さを意識したものもあります。

そこで誰でもノードを立ち上げることができるマスターノードの仕組みに注目が集まりました。

マスターノードは企業に所属していたり、高性能なマイニングマシンを所有する必要はないのでしょうか?

PoSとマスターノードとの違いについても詳しくみていきましょう。

マスターノードとPoSの違いとは?

マスターノードには取引の承認を手伝う役割があり、マスターノードを設置して稼働し続けると報酬が貰える仕組みです。

この仕組みはPoSマイニングやフォージングと同じで、これらの役割のほかにネットワーク内で貢献しているものがあります。

コインを一定数保有する他に、ネットワークの強化や管理のために様々な条件が設定されている場合があります。

具体的には安定したネットワーク保持の為に、マスターノードを稼働させる期間が定められた上で報酬率が決まっているコインもあります。

コインの保有数を増やして、各ノードで貰えるリターンを大きくすることも可能です。

マスターノードからスーパーノードにグレードアップすると、よりネットワークの維持に責任を持つことになります。

スーパーノードで利用されたコインはバーンされ、報酬を得るまで一定期間かかるように設計されているものがあります。

それはネットワークに参加する期間を長く設定することで、参加する意思が本当にある人々でコミュニティで形成されていくからです。

PoSの承認作業の他にネットワークの運用・管理・維持などの役割を務めているのが、マスターノードです。

収益構造に違いがあると考えれば、わかりやすいかもしれません。

このマスターノードにも様々なモデルがあり、一つのブロック報酬をマイナーとマスターノードで折半するものもあります。

その際、マイナーによる不適切なブロック生成を拒否する権限を持つマスターノードで監視されています。

さらには一定数を担保として預けていれば、システムが稼働し続ける間はずっと報酬を受け取る権利も含まれている場合もあります。

マスターノードを設置し続けるには、PoWまでとはいきませんがVPSサーバー等の費用が若干かかる場合もあります。

マスターノードの仕組み

マスターノードの条件は各コインによって違いはありますが、最低保有数が決められています。

いわば環境を整えてしまえば時間は掛かりますが、コインがどんどん増えていく仕組みです。

設置するだけで報酬が貰えるマスターノードですが、注意すべき点もあります。

コインによっては発行上限数があらかじめ決まっているものがあることや、取引量に対してノードの数が増えるほど報酬が低くなる可能性も視野に入れておきましょう。

年利がいいものに飛びつきたいですが、次第に保有する人が増えていけばいずれは流動性が低くなり報酬も少なくなっていくでしょう。

コインの価格が上がりそうな有望なプロダクトが示されているか、公式サイトやホワイトペーパーに目を通すことは必要です。

ある程度のコインの情報がないと初期費用の回収期間が計算できないからです。

ではどのようにして対応通貨を探し、マスターノードを設置するのか紹介しましょう。

マスターノードとPoSのどっちが稼げる!?

マスターノードとPoSマイニングどちらが稼げるかということも気になりますね。

結論から言ってしまえば、コインの最低保有数よりもコインの価格があがらないうちに始めて、早めに原資を回収すればどちらも稼げるということです。

共通するのは絶対的にコインを保有するという条件です。

上場する前の草コインを探し当てるのと一緒で、人気になってからマスターノードをたてようとすると保有に必要な通貨を購入するだけで費用がかかります。

マスターノードを設置できるコインは利率も良い上に、メジャーではないものは価格も安いため初期費用を抑えることができるかもしれません。

仮想通貨では新しい情報を得た人が素早く行動に移せるように、マイニングやマスターノードをたてるのも早い人が恩恵を受けれる傾向があります。

安く購入して、コインの価格上昇とともに供給量が減れば市場に参加しているよりも確実にコインを増やしていけます。

どちらもPoSマイニング用ウォレットやマスターノード用ウォレットが必要です。

マスターノードの始め方

マスターノードの始め方ですが、最初にVPSをどこで契約するか決めておきましょう。

マスターノード用のPCは承認作業に参加するために、接続し続ける必要があるからです。

マスターノードをたてるコインが決まったら、公式サイトからウォレットをダウンロードします。サイト内でセットアップガイドがあり、そこでコマンド操作を確認していきます。

マスターノード用のウォレットアドレスを取得できたら、指定の枚数ぴったりになるように送金します。

次にVPSサーバーの契約を済ませ、ここでサーバーのIPアドレスを設定していきます。

その後ウォレットの設定ファイルに契約したサーバーのIPアドレスや秘密鍵を修正する箇所に入力し、ブロックの同期をしていきます。

ブロックの同期が終わらないとウォレットが正常に起動しません。

同期のタイミングなどコインによって違いがあると思いますが、必要なコマンドを入力する順番をガイド通りに進めていくことでエラーを回避できます。

マスターノードをたてられるコインを探すには

マスターノードがたてられるコインの種類は専用のサイトで探すのが早いです。

MNO(MasterNodes.online)というマスターノードコインの統計をしている海外サイトがあります。

財務上のアドバイスや独自の評価はありませんが、ROIという数値を見れば、年間収益率が一目でわかります。

日本円の切り替えができるので、マスターノードに必要なコインの枚数や流動性、取引ボリュームを見て判断していきます。

気になるコインがあれば、タップして詳細情報を集めましょう。

そのコインの取り扱いがある取引所の記載もあります。

マスターノード中は引き出しができませんが、途中やめたい場合は設定時より簡単な方法でロックを解除して出金もできます。

MNOサイト

sponsored link