【超初心者向け】仮想通貨についてざっくり理解したい人のための記事

what-is-bitcoin-eyecatch

sponsored link



超初心者でもわかりやすいように仮想通貨についてざっくり解説します。できる限り専門用語を用いずに書きましたので是非ご参考くださいませ。

仮想通貨とは何か

仮想通貨とは実体を持たないインターネット上で取引されるバーチャル(仮想上の)通貨です。

私たちが普段使っている通貨は貨幣や紙幣という形で実体が存在しますが、仮想通貨は実体で存在しないためそう呼ばれています。仮想通貨は、現存の日本円やドルなどと交換することもできます。(法律でも認可されているので合法です。)

他にも、「暗号通貨」「デジタル通貨」「分散型通貨」「国際通貨」などと様々な呼び名があります。

そう呼ばれる理由として、通貨自体が暗号化されているので特定の鍵がないと送受金できない性質を持つため「暗号通貨」。

インターネット上の電子データに過ぎないため「デジタル通貨」。

既存のお金であれば中央銀行が管理する一方で、個々人のパソコンの力を借りて管理されているお金なので、「分散型通貨」。

特定の国内で流通が限定されるような通貨ではないので、「国際通貨」といったように、様々な呼び名が存在します。

どれも正しく、間違ってはいない呼び名ですが「仮想通貨」と呼ばれることが多くなってきました。

いろんな種類の仮想通貨が存在する

仮想通貨には現在確認されているものだけで、600種類以上もの通貨が存在すると言われています。

有名なコインで言えば、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などがメジャーです。

仮想通貨やビットコインの関係性がイマイチまだ理解しきれていない方は【初心者向け解説】仮想通貨とは?ビットコインとはどう違うの?にて丁寧に解説しているので参考にしてください。

ビットコイン以外の通貨はオルトコイン(AltCoin)と呼ばれますが、その由来はもともとビットコインのブロックチェーンという技術を元にして色んなコインが存在しているため「Alternative BitCoin」すなわち、ビットコイン以外のコインと言う意味合いで用いられたのがきっかけです。

オルトコインに該当するのは上述のイーサリアムやリップル、ライトコインなどのビットコイン以外の通貨が該当します。

また、草コインと言う言葉も最近はちらほらと目にすることがありますが、これは博打要素が強いコインのことを草コインと呼びます。(XPやADAなど)

どう言うことかと言うと「笑ってしまうほど儲かる(暴騰する)」「笑ってしまうほど儲からない(最悪コインが消滅する)」と言うことが由来となっているらしく、笑いをwwwで表現することがありますが、これが「草」に見えるため笑うほど価格が変動するので草コインになったと言うのが1説です。

他にも、一攫千金も夢では無いほど暴騰することもあるので、麻薬=草のような中毒性があるから草コインと命名されたなんて説があったりします。

話が逸れましたが、ビットコインやイーサリアムなどは最近比較的値動きも落ち着き、保有することで利益を得ることは難しくなってきましたが、草コインは1枚当たりの単価も安く持っているだけで跳ね上がる可能性があるので仮想通貨界隈では今人気のコインとなっています。

BINANCE(バイナンス)の登録方法については【日本語対応】手数料激安のおすすめ海外取引所BINANCE(バイナンス)を参照ください。

仮想通貨の取引は6つの操作が分かれば簡単

仮想通貨の取引って難しいのでは?と思う方も多いようですが、実はごくシンプルです。

たった6つの操作を理解できればすぐにでも仮想通貨の取引ができます。

入金する

日本円やドル、ユーロを「銀行振込」または「コンビニ入金」で仮想通貨取引所に入金することができます。

入金したお金を用いて仮想通貨を購入することが可能になります。

出金する

取引所に自身の銀行口座を指定しておけば、仮想通貨を売却した際に得た利益が日本円やドル、ユーロで振り込まれます。(出金する国に応じて通貨は変動します)

コインを買う

入金額の範囲内で仮想通貨を購入することができます。基本的に取引所ではまずビットコインやイーサリアムを購入し、それを基軸にオルトコインを購入したりします。

また、取引所によってはクレジットカードで直接コインを購入することも可能です。

コインを売る

保有している仮想通貨を売却し、日本円やドルに戻すことができます。

仮想通貨の価値がずっと上がり続ければ持ち続けてさらなる値上がりを待っても(ホールド)良いですし、これ以上上がらないなと思ったらその場で売却できたりします。取引の醍醐味

コインを送る

送りたいコインと数量を決定し、コインを送りたい相手のアドレスを教えて貰えば、そのアドレスを入力することでコインを送付することができます。

銀行と口座番号を教えてもらい、日本円をそこに振り込むのと似ていますね。

コインを受け取る

コインを受け取る場合も送りたいコインと数量を決定すれば、自分のアドレスを相手に教えて、そこにコインを送ってもらうことができます。

仮想通貨の取引はどこで行うの?

仮想通貨の取引は基本的に「取引所」と言うところで行います。

また、取引所も「国内取引所」「海外取引所」に分けられ、どちらでも取引が可能です。

しかし、まずは国内取引所で日本円を入金してコインに変えた後、「国内取引所」「海外取引所」どちらで取引するかを選択することになります。(海外取引所は日本円で入金することができないことが多いため)

国内取引所で有名な取引所は「BitFlyer(ビットフライヤー)」「CoinCheck(コインチェック)」、海外取引所では「Binance(バイナンス)」「Bittrex(ビットトレックス)」「KuCoin(クーコイン)」などが挙げられます。

取引所ごとにも特徴があるので、自身の取引目的に叶った取引所を選んで取引できます。

オススメ国内取引所は仮想通貨初心者にオススメな安心安全な仮想通貨取引所6選(国内)にて、オススメの海外取引所は【徹底比較】仮想通貨初心者にオススメな仮想通貨取引所6選(海外)にてご紹介しています。

是非参考にしてみて下さいね。

最後に

以上ざっくりと仮想通貨について説明してきましたが、仮想通貨は我々人類の金融の歴史を塗り替えるほどの勢いを持っている最新のテクノロジーです。

どうしても投機商品としての価値にばかり焦点が当てられますが、世界中にリアルタイムで一瞬で送金でき、正しい手順を踏めばセキュリティも万全、誰でもアクセス可能なお金はこれまで存在してきませんでした。

これからこの仮想通貨がどう世界を変えていくのか、考えるだけでもワクワクしてきますね。

最新の仮想通貨市場動向については、【2018年版】世界の仮想通貨事情を3分でキャッチアップできる記事に各国別にそのトレンドと合わせてご紹介しているので、仮想通貨事情を簡単にキャッチアップしたい方にはオススメです。

sponsored link